calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recommend

links

poisson

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

BEATNIK EMOTION

いい加減、現実から目を背けないで更新しないとね。。。

まぁ、つまり今年も豪快にやらかしてしまいました。
決して狙ってやっている訳じゃないんですけどねぇ。
昨年にも増して、ステージ上には魔物がうじゃうじゃと潜んでおりました・・・。


この写真は、オープニング直後と思われる、私率いる「BEATNIK EMOTION」。
もう、嬉しいやら楽しいやらで最初っから相変わらず締まりのない表情でございます。。。


ほれほれ、人生初のギターボーカルでっせ!!
女将特製「G柄ベスト」もいい感じでっせ♪


このお二人には、去年に引き続きお世話になりました♪


ベースにはアサヤンを迎え、万全の布陣で臨んだ訳だったんですが・・・。

センターラインの二名(言うまでもなく私も含む)。
魔物のオンパレード状態にて、てんやわんやの大騒ぎ。
演奏が止まりそうになり、思わず叫んでしまったことさえも、今となってはよき思い出に。。。

えぇ、よき思い出ですとも。
いろんな意味で、皆さまの記憶にも深く刻まれたことでしょう。


はい、もう最後はギターもほっぽりだして、布教活動しはじめました。
まぁ、今年も何ら成長が見られない主催者のステージでございました。

お粗末っ!!


1.GLORIOUS DAYS
2.RUSSIAN ROULETTE
3.NOCTURNE No.9
4.DIVING WITH MY CAR
5.MERRY-GO-ROUND
6.IMAGE DOWN

| レトロック | 13:48 | comments(0) | ポワソン |

なんと5周年!!

バンドレビューの途中ではございますが、割り込み記載。


早いもので、ポワソンも明後日の金曜日で丸5周年を迎えることになりました。
いやはや、皆さま本当にありがとうございます。

よって、11日は日頃の感謝の気持ちを心からお伝えしたく思いますので、ご都合のよろしい方は是非ご来店くださいませ。

まぁ、とりあえず乾杯前の私の挨拶が1時間ほどでしょ。
でもって、私の弾き語りライブが2時間ほどでしょ♪
締めは、サイン会がいいですか?
それとも、握手会がお望みですか?


心優しい皆さまのご来店、しっぽ振ってお待ちしております。

| 日常 | 16:44 | comments(2) | ポワソン |

MAKA☆RΦCKIN'


続いて登場は、「MAKA☆RΦCKIN'」。
ブル・ノシロッキンの二人と、ふ室京介氏、そして先月の野球大会で知り合ったばかりのリクくんに、「これも何かの縁だ」と詰め寄り、助っ人ドラムとして参加してもらい結成された即席バンドであります。


はい、テンション上がってきたリクくんの勇姿をどうぞ♪


憧れの・・・か、どうかは確認しておりませんが、ふ室京介氏の後ろでテンション上がりまくってきたリクくんの勇姿もどうぞ♪


ボウイコピーバンドながら、何故か"COMPLEX"Tシャツで登場のノシロッキン。
ステージ前部でソロを披露してみたり、回転してみせたりと、いつもとは一味違ったパフォーマンスも、すこぶるよろしかったです♪


だから・・・、ボウイコピーバンドだと言ってるのに、何故か"氷室京介"Tシャツで登場のブルロッキン。
ブルさんも、今年は一味違います。
去年と違ってチューニングもバッチリでございます。
こちらも、「WORKING MAN」ではステージ前部で鬼のダウンピッキングを披露♪

とても、即席とは思えないかっちょよいバンドでございました。


1.TEENAGE EMOTION
2.LONDON GAME
3.BLUE VACATION
4.CLOUDY HEART
5.WORKING MAN
6.B・BLUE


※mackieeさんから、当日の写真データを頂きましたので遠慮なく掲載させてもらいます♪
| レトロック | 17:38 | comments(0) | ポワソン |

吉川バンド


今年のボウイ祭は、「吉川バンド」からスタート♪
昨年12月以来となる久しぶりの登場です。


今回はAZMAISMの継承者、アダチくんが助っ人ベーシストとして登場。
バンドメンバーの平均年齢を大幅に下げる貢献っぷりです。


こちらは、平均年齢を簡単には下げさせまいとするKOBA氏。
本番中にも関わらず、ステージ上でバンドメンバーから拍手される程の活躍っぷりでございました。


この夏、東京ドームで「COMPLEX」を観てきただけのことはあるモニカ伊藤氏。
いやはや、素晴らしいステージでございました。
今週金曜日のアコースティックライブでご一緒するmackieeさんも相変わらず絶好調であります。


もちろん、この二人も言うまでもなく絶好調であります♪

オープニングから大いに会場を熱くしてくれた「吉川バンド」でございました。


1. BE MY BABY
2. PRETTY DOLL
3. 1990
4. RAMBLING MAN
5. 恋をとめないで

| レトロック | 17:37 | comments(2) | ポワソン |

ボウイ祭無事終了

先週の土曜日、
『BOΦWYS BE AMBITIOUS!! vol.2』
無事終了致しました。

出演者の皆さま、観に来てくださった皆さま、関わったすべての皆さま、本当にありがとうございました。

おかげさまで、今年も結構な動員数でございました。
いやぁ〜、楽しませてもらいました♪

写真編集が終わり次第、順次出演して頂いたバンドを紹介して参りますので、しばしお待ちください。。。

| レトロック | 14:02 | comments(6) | ポワソン |

夏の思い出3

◇8.27

ワイルドライセンスイベントに今月4本目となるpommeryで出演。
この日はなんと、私も熱唱してやりました。
おまけに、中盤ではワンマンライブ状態!!
いやぁ〜、すこぶる気持ちよかった♪

モニカいとうの前で歌う「せつなさを殺せない」。
なかなか乙な光景だったのではないでしょうか・・・。
本物の17歳の前で、男野村38歳が熱唱する「17歳の地図」。
なかなかシュールな光景だったのではないでしょうか・・・。

本当に、力いっぱい楽しませてもらいました。


その後は、ご覧のとおり深夜まで大騒ぎ。
夏を締めくくるに相応しい1日となりました。


KOJIくんも、表情から察するにきっと何かを締めくくったんでしょう・・・。


締めくくれてない男がひとり・・・。


以上、8月を一気に振り返ってみました。。。

| 日常 | 17:45 | comments(0) | ポワソン |

夏の思い出2

◇8.12

これは、定例行事とも言える同級生の集いですな。
定期的に、こうやって元気な姿を見れるというのは嬉しいことでございます。
まぁ、もっとも元気だから相変わらず顔出してる訳ですが・・・。

◇8.14
やくもまつり「おいでな祭り」に、今月3回目となるライブ出演。
写真はありませんが、他の出演者さんらと和気あいあい楽しんでまいりました。
奇しくも特等席となった楽屋からの花火鑑賞は、夏を肌で感じることのできた瞬間でございました。

◇8.18

この日は奇跡の夜とも呼べる日。
私の同級生SUMITOが連れてきた面々が、たまたまノシロッキンの同級生に、後日canovaで顔を合わせ発覚した愛ちゃんの同級生。


奇跡は続き、たまたま来店した福間ちゃんと、これまた何の因果か同級生。


とどめの奇跡は、女将の恩師まで御一行さまの中に!!

いやはや、いくら狭い町とはいえ、この偶然は凄すぎないないかいっ!?
なんとも不思議な巡り合わせを感じずにはいられない夜でございました。

| 日常 | 17:21 | comments(0) | ポワソン |

夏の思い出1

怠けまくって放置していた8月を、今さらながら一気に振り返る!!


◇8.02

この日、canovaで行われた「松山優太 SPECIAL LIVE」に、前座として2人編成Pommeryも出演。
本番前にちゃっかり写真もお願いしております。


その日の前座風景。
このイベント、関東からファンの方たちもツアー同行されており、なかなかの緊張感でステージに臨んだ訳ですが、オープニングから本当に温かく迎えていただき、いつになく楽しいライブとなりました。

最後まで観させてもらいましたが、やっぱプロって凄いな・・・。
観るも演るも、本当に心から楽しませてもらった夜でした。


◇8.06

あ〜ら、えっさっさ〜♪
・・・・・。
という場面ではなく、この日は水郷祭の特設ステージに出演。
立派なステージだというのに、あまりの炎天下に思わずクールネックを首に巻いたまま出てしまいました。
なにはともあれ、松江を代表する夏祭りのステージに上がれたことは、よき思い出にございます。


でもって、その夜は私のめでたい生誕祭♪
そろそろ滞ってもいいんだけど、今年も滞りなくまたひとつ年を重ねました。
駆けつけてくれた皆さま(頭頂部しか写ってない加藤さんや、画面枠外で寝ている方々も含め・・・)、本当にありがとうございました♪


◇8.10

え〜と、何用の写真だったか忘れた。。。
まぁ、せっかく東井皇帝がいい笑顔なので掲載。


同日深夜、吉田栄作さんがなんと来店。
もちろん、ちゃっかり写真もお願いしております。
ホンマもんでっせ!!
紙一重で、私よりかっちょよかったです。

「あら、ずいぶん分厚い紙ですこと・・・」
などといった嫌味は、一切受け付けておりませんのであしからず。。。

日頃、酔っ払いどもが熱唱する日本一敷居の低いレトフォークステージで、3曲も弾き語りを披露して下さいました。
いやはや、鳥肌もんの迫力に圧倒されてしまいました。
冥土の土産がひとつ増えた夜でございました。

| 日常 | 16:45 | comments(0) | ポワソン |

BOΦWYS BE AMBITIOUS!!

『BOΦWYS BE AMBITIOUS!! vol.2』

2011.10.22(sat)
AZTiC canova

18:00開場/18:30開演
1,000前売/1,500当日
(別途1ドリンク500yen)

1.18:30〜19:00
  吉川バンド(COMPLEX)
2.19:15〜19:45
  MAKA☆RΦCKIN'(BOΦWY)
3.20:00〜20:30
  BEATNIK EMOTION(布袋寅泰)
4.20:45〜21:15
  ふ室 京介(氷室京介)
5.21:30〜22:00
  FUNNY BOYS(BOΦWY)

(※2011.9.28現在)


今年もやっちゃいます!!
去年に引き続き2回目となるBOΦWY祭♪

BOΦWY馬鹿の、
BOΦWY馬鹿による、
BOΦWY馬鹿のためのGIGS!!

Yeah!!
ROCK'N ROLL CIRCUS SHOW!!

最高の夜を皆さんと共に過ごせること、今から楽しみにしております♪





出演者、並びに関係各位の皆さまのご協力、心から感謝いたします。

| イベント告知 | 14:55 | comments(0) | ポワソン |

five for Japanese babys

"baby"の複数形って、"babies"だったのね・・・。
大事なバンド名の綴りを間違えて決め付けてしまったのはバンドメンバーでも何でもない私・・・というのはここだけの話。

まぁ、なんだ、「FUNKY MONKEY BABYS」のせいにしとけばいいんじゃない?

なに?
ファンモンの方は、意図的なものだって??
じゃあ、私の場合は故意的・・・いやいや、私も意図的だったってことで、ここはひとつ。。。


ってな訳で、今回のトリを飾ってくれたのは「five for Japanese babys(※このまま押し通す!!)」。
世界のガセジュン率いる豪腕メンバーに、Be・Pe TONIKでお馴染みのTAKをボーカルに迎えて"BUCK-TICK"で登場。


いやぁ〜、よく考えたらTAKが出演する時は、いつも一緒にステージに上がってたから、初めて客席から観たなぁ。
"しっかし、そのやる気が、ど〜〜〜〜〜してBeやPeで出ないのかなぁ〜"
"不っ思議だなぁ〜〜〜"、などと人の世の不条理に思いを巡らせながら、新鮮な気持ちで楽しませてもらいました。


ガセジュン先輩がリーダーを務めるバンドということもあり、ばっしー後輩、一瞬たりとも手を抜かないこの鬼気迫る表情!!

して、BUCK-TICKが演りたくて自らリーダーとなり引っ張っていったガセジュン先輩は、、、

こりゃ、もう、鬼気迫るというより、鬼そのものですな・・・。
いったい、ステージ上で何が乗り移ったらこんな邪悪な顔になれるのか。
後輩と先輩の間には、まだまだ越えられないぶ厚い壁が立ち塞がっている模様です。。。
もっとも、この先輩の背中を追いかけているのであれば、の話ですが・・・。

まぁ、写真からでも熱いステージであったこと、容易に想像できることでしょう。
大トリに相応しく、しっかり今イベントを締めくくってもらいました。



以上、皆さま本当にありがとうございました。
次回レトロックは12月3日。
大人げない大人たちのステージを楽しみにお待ちくださいませ♪

| レトロック | 09:30 | comments(0) | ポワソン |